一人暮らしと自己管理

一人暮らしをするエリアによっても生活費が違ってきます。

2016年11月08日 15時49分

1番目は首都圏・近畿圏と郊外で変わる日用品などの費用です
繁華街の場合は大型ショッピングセンターやデパート施設が多いです。
欲しいものは不自由を感じることなく入手できるでしょう。
ですが物価が高く出費が増えます。
 
郊外で住宅街の場合は、商店街を中心にしてドラッグストアやスーパーマーケットが充実しているのです。
比較的物価も安いです。出費を抑えることができるでしょう。
 
2番目は首都圏・近畿圏などの都心部と郊外で変わる交通費の費用です
 
首都圏・近畿圏の都心部は地下鉄などの交通網が発達しています。交通費は比較的安いです。
定期券を購入すればさらにお得になります。
 
郊外の場合は、交通網が発達していません。車で移動することを余儀なくされます。
駐車場の料金や維持費の料金が別途必要です。車は通学に利用できないこともあります。
これは学校によって違います。事前に確認をしておく必要があります。
 
3番目は寒冷地と温暖地で変わる光熱費です
寒冷地の場合は、冬の時期は暖房設備がフル活動します。光熱費はマックスになります。
暖房はガスや灯油よりもエアコンが高くなることを覚えておきましょう。
 
温暖地の場合は、夏に冷房設備がフル活用します。光熱費もかかります。
エアコンだけを使用するよりも扇風機と併用するのが節約ポイントです。